1月の季節のマフィン



1月の季節のマフィンは和テイスト。

「しょうが」「きなこ」「干し柿」の3種です。






右の「しょうが」は、すりおろした無農薬栽培のしょうがに、ナツメグ入り。

ちょぴりスパイシーな味わいです。



左の「きなこ」は、有機きなこの粉末と白ごまペーストを混ぜ込みました。





そして「干し柿」は、天日干しの無添加干し柿と豆乳でつくったペーストが

入っています。






干し柿は、11月の「りんご」のマフィンに続き、長野県の「藤沢農園」さんから

送っていただきました。







それではここで、藤沢農園の藤沢公次くんが撮影した写真をお借りして、

干し柿ができていく様子をご紹介!



こちらは、収穫された柿の皮を公次くんたちがせっせとむいて、干したばかり

の状態です。






太陽の光や風、寒暖の差をうけて、ぎゅうっとしぼんで色濃くなってきた

干し柿たち。






12月の中旬に冷え込みの厳しい日が続き、糖の白い粉がふいてきたところ。








そして昨年末、真っ白く、甘くなった干し柿が届きました。




スーパーなどで市販されている干し柿には、酸化防止剤や防腐剤が入っている

ことも多く、風味がやっぱり違います。



無添加のやさしい味わいの干し柿を使ったマフィン、ぜひお試しくださいね!





追記 
1月8日、藤沢農園の藤沢公次くんが、東京の奥さまのご実家に寄る際に、

追加注文した干し柿を届けてくれました。記念にパチリ!

農園の果実は、長野の自然と、このやさしい笑顔に育まれています。










Leave a Reply

自己紹介

卵やバター、牛乳などの動物性食材、白砂糖を使わずに、できるかぎり国産またはオーガニックの食材でつくるヴィーガンマフィン屋「七曜日」のofficial note です。
「七曜日」は姉妹で運営しています。マフィンを焼いているのは妹・典子。姉・知子は「七曜日」とスペースを共有している「niwa no niwa」所属のエディターで、本業のかたわら情報発信などをサポートしています。

ブックマーク

niwa no niwa
「七曜日」とスペースを共有&店主姉が所属しているデザイン&編集事務所「niwa no niwa」のオフィシャルサイトです。

「七曜日」旧ブログ
ヴィーガンマフィン屋「七曜日」をオープンするまでの1年間に綴っていたブログです。

カレンダー
2019年4月
« 3月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930