Archive for the ‘七曜日について’ Category

営業日・時間変更のお知らせ(5/9〜)



5月9日以降は、定休日・営業時間が以下のとおり変更となります。



それまでの営業日・時間は こちら でご確認ください。



どうぞよろしくお願いいたします。





■営業時間:12:00 − 18:00(売り切れ次第終了)



■定休日 :月曜・火曜・水曜 

      ※イベント参加などによる不定休あり。その場合は、ホームページの

      「news」やこちらの「note」「twitter」でお知らせします。








道案内(自由が丘駅から)



「七曜日」の最寄り駅は、東急大井町線の緑が丘駅ですが、東急東横線の

自由が丘駅からも歩けます。

道がわかっていて、さくさく歩ければ10分程度。

地図を片手にですと、12〜13分ほどかかるかと思います。



南口から緑道を歩いていただくのもお散歩コースでおすすめですが、ここ

では、いちばんわかりやすい道順をご案内しておきます。






東急大井町線のホームからつながる、南口の改札を出ます。

東横線でいらっしゃる場合には、駅の表示にしたがって、大井町線の南口

改札へ進んでください。

改札の前は「マリ・クレール通り」です。






「マリ・クレール通り」を左へまっすぐ、「とうきゅうストア」さんが

見えるまで進んでください。






「とうきゅうストア」さんを左に見ながら通り過ぎると、つきあたり正面に

「フミ美容室」さんが見えます。

その前の「自由通り」を左へ曲がります。






踏切を超えて、右手の「セブンイレブン」さんまで進みます。






「セブンイレブン」さんまで来たら、右へ曲がります。

こちらの通りは「自由が丘グリーンロード」です。

グリーンロードを、「目黒緑が丘郵便局」が見えるまでまっすぐ進みます。






「はらドーナツ」さんや「DOUGHNUT PLANT 」さんを過ぎてしばらくすると、

左手に「ヤマダ電機LABI」さんが見えます。






右手に「スーパー文化堂」さんが見えたらもう少し。






「目黒緑が丘郵便局」「ファミリーマート」さんまできたら、十字路を右へ

曲がり、「緑が丘商店会」に出ます。






「緑が丘商店会」を歩いてすぐ、1本目の路地を左へ曲がります。






路地を曲がったら、そのまままっすぐ進みます。






こんなところにあるの? と不安になるころ、右手に看板が登場。

手前は公園の入り口になっています。

石畳のアプローチを進んでいただくと、玄関に到着します。






お店にはまったく見えない、ふつうの一軒家です。

玄関がくもり硝子になっていて、ちょっと入りづらいかもしれませんが、

そのままガラガラっと引き戸を開けてお入りください。






こんな店内で、みなさまのお越しをお待ちしております。






道案内(緑が丘駅から)



「七曜日」の最寄り駅は、東急大井町線の緑が丘駅。

駅改札を出て右手すぐの緑が丘商店会をまっすぐ進み、「目黒緑が丘郵便局」

に突き当たる1本手前の路地を右に曲がります。



道順自体は単純なのですが、住宅街の奥まった場所にあるため、なかなか

たどり着けないお客さまも多いようです。



実は店主姉も「地図は自分で見るためではなく、人に見てもらうために持つ」

と公言するほどの方向音痴。

ホームページの「shop info」にはmapも掲載していますが、少しでも手がかり

になるよう、駅からの道案内をご紹介しておきますね。



東急大井町線緑が丘駅からは徒歩4分ほどです。ではスタート。






改札を出たら右手の横断歩道を渡り、右に進みます。






青果の「三葉商店」さんを正面に見て左へ進むと、「緑が丘商店会」です。

※駅改札正面にも青果店があるため、そちらと間違えてしまう方もいらっしゃる

ようです。ご注意ください。





「緑が丘商店会」を、正面に「目黒緑が丘郵便局」が見えるまで、まっすぐに

進んでください。

途中、右手にちゃんこで著名な「芝松」さん、コクヨの看板を掲げた「スワヤ

文具店」さん、「みどりコインランドリー」さんなどがあります。






「みどり花園」さんが見えたらあと少し。






「目黒緑が丘郵便局」に出る1本手前の路地を右に曲がります。






路地を曲がったら、そのまままっすぐ進みます。






こんなところにあるの? と不安になるころ、右手に看板が登場。

手前は公園の入り口になっています。

石畳のアプローチを進んでいただくと、玄関に到着します。






お店にはまったく見えない、ふつうの一軒家です。

玄関がくもり硝子になっていて、ちょっと入りづらいかもしれませんが、

そのままガラガラっと引き戸を開けてお入りください。






こんな店内で、みなさまのお越しをお待ちしております。






店主紹介

photo by mana miki






遅ればせながら、店主の自己紹介を。



ヴィーガンマフィン屋「七曜日」は、姉妹で運営しています。



マフィンを焼いているのは、妹・典子。

玄米と野菜を中心とした食生活をはじめてから、自分が食べたい

と思う素朴な焼き菓子をつくるようになりました。

そのなかでもおいしい! と思えたのが、卵・牛乳・バターなどの

動物性食材や白砂糖を使わずにつくる、純植物性のヴィーガン

マフィンでした。





姉・知子は「心とからだと地球の元気」をテーマに活動する

フリーランスエディターで、「七曜日」の情報発信などを主に

サポートしています。

ときどきお店にも出ています。



「七曜日」は一軒家で営業していますが、同スペースは知子が

所属するデザイン&編集事務所「niwa no niwa(二羽の庭)」の

オフィスと共有しています。



「七曜日」のホームページやショップカードをはじめとする

デザインワークは、「niwa no niwa」のデザイナー、山下リサと

三村漢が担当してくれています。



典子がお店をやろう! と決意してから、そのほかたくさんの

方々にご協力やご支援をいただきました。





「七曜日(ななようび)」の「七曜」は、太陽と月、火星・

水星・木星・金星・土星の7つの星と、1週間の各曜日を表す

「七曜(しちよう)」からとりました。



中国の易がもとになった「一陽来復」という言葉がありますが、

これを「七曜来福」と置き換え、みなさんが七曜日を訪れて

くださるたびに、七曜日のマフィンを召し上がっていただくたびに、

幸せな気分になってくださることを願っています。





これからもみなさんに見守っていただきながら、楽しくがんばって

いきたいと思います。

どうぞよろしくお願い申し上げます。






特定商法取引に基づく表記

●販売業者 七曜日 田村典子
●販売責任者 田村典子
●製造所在地 
山梨県韮崎市穴山町7063-1
●電話番号 050-5892-4574

●販売価格以外にかかる料金
送料(クール代含)、
代引きまたは振込手数料

・送料 北海道 1460円
    北東北 1060円
    南東北  940円
    関東信越 940円
    北陸中部 940円
    関西  1060円
    中国四国1190円
    九州沖縄1460円

・クール代   220円
・代引き手数料 330円

●お支払い方法 
代引き/銀行振込/クレジットカード

●お申込み有効期限
銀行振込の場合
商品の発送予定日3日前までに
ご入金の確認が取れない場合にはキャンセルとさせていただきます。

●商品の引渡し
募集時にお知らせする弊社指定日に発送いたします

●返品、変更、キャンセルについて
商品の特性上、ご予約後のキャンセル、変更、返品はお受けできません。不具合があった場合は、商品到着後3日以内にご連絡ください。
ご不在により商品をお受けとりできなかった等、お客さまの都合による商品状態におきましては責任を負いかねます。
不良品に該当する場合は送料当方負担にて代替品をお送りいたします。

ブックマーク

niwa no niwa
「七曜日」とスペースを共有&店主姉が所属しているデザイン&編集事務所「niwa no niwa」のオフィシャルサイトです。

「七曜日」旧ブログ
ヴィーガンマフィン屋「七曜日」をオープンするまでの1年間に綴っていたブログです。

カレンダー
2024年7月
« 5月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031