Archive for the ‘季節のマフィン’ Category

5月の季節のマフィン




5月からは「プレーン」が定番となり、月替わりの季節のマフィンは2種になります。



5月の季節のマフィンは「ブルーベリー」と、4月に引き続き「たまねぎ」です。





「ブルーベリー」は、砂糖不使用の有機ブルーベリージャムと、ブルーベリーの実を

マーブル状に混ぜ込みました。写真は後日掲載しますね。





「たまねぎ」は、じっくり炒めた無農薬栽培の新たまねぎが入ったもの。






4月にみなさんからご好評をいただき、すぐに売り切れてしまうこともしばしばで、

来月もぜひ! とのお声が多かったので、新たまねぎが入手できる今月も続けること

になりました。



先月逃してしまった方は、ぜひお試しくださいね。





4月の季節のマフィン





4月の季節のマフィンは、「よもぎ」と「たまねぎ」。

それに、2月・3月と登場した「プレーン」です。

プレーンは今後、定番化いたします。






「よもぎ」は国産の抹茶粉末を生地に混ぜ込み、さくらの塩漬けをちょこんとのせました。

抹茶のみどり色にさくらのピンク色が、春の訪れを感じさせてくれます。








「たまねぎ」は、七曜日初の食事系マフィン。

塩とブラックペッパーを使ったあまくない生地に、じっくりと炒めた無農薬栽培の

新たまねぎが入っています。



どちらもぜひ、お試しください。





3月の季節のマフィン








まだちょっぴり寒さが残る今日この頃ですが、3月の季節のマフィンは、春を先どり。



手前は、さくらの花びらの塩漬けを刻んで生地に混ぜ込んだ「さくら」です。

甘さのなかにもほのかな塩気のある和テイスト。



奥は、オーガニック&砂糖不使用のいちごジャムに、ラズベリーとカシスを入れた

「ベリー」です。

こちらは、甘酸っぱいさわやかな味。







そしてもう1つは、先月に引き続き「プレーン」が並びます。
お客様からご好評をいただき、定番化も検討中です。


七曜日のマフィンで、ひと足早い春をお楽しみください。







2月の季節のマフィン








2月の季節のマフィンは、奥から「プレーン」「カカオオレンジ」「シナモンレーズン」

の3種です。



以前からときどき、「何も入っていないプレーンのマフィンはありませんか?」と

お客さまに聞かれることがありました。

そういえば、定番マフィンのなかにプレーンがあってもよかったのかも?

というわけで今回、季節のマフィンで登場させてみました。

粉の風味が感じられる、素朴でやさしい味わいです。



シナモンレーズンは、有機レーズンとシナモンパウダーが入っています。

ひとくちごとにシナモンの香りがふんわりと広がります。








そして、バレンタインを意識したカカオオレンジは、湯せんしたカカオマスと

砂糖不使用のオレンジマーマレードを混ぜ込みました。

ちょっぴりほろ苦い甘さです。



ぜひお試しくださいね。







1月の季節のマフィン



1月の季節のマフィンは和テイスト。

「しょうが」「きなこ」「干し柿」の3種です。






右の「しょうが」は、すりおろした無農薬栽培のしょうがに、ナツメグ入り。

ちょぴりスパイシーな味わいです。



左の「きなこ」は、有機きなこの粉末と白ごまペーストを混ぜ込みました。





そして「干し柿」は、天日干しの無添加干し柿と豆乳でつくったペーストが

入っています。






干し柿は、11月の「りんご」のマフィンに続き、長野県の「藤沢農園」さんから

送っていただきました。







それではここで、藤沢農園の藤沢公次くんが撮影した写真をお借りして、

干し柿ができていく様子をご紹介!



こちらは、収穫された柿の皮を公次くんたちがせっせとむいて、干したばかり

の状態です。






太陽の光や風、寒暖の差をうけて、ぎゅうっとしぼんで色濃くなってきた

干し柿たち。






12月の中旬に冷え込みの厳しい日が続き、糖の白い粉がふいてきたところ。








そして昨年末、真っ白く、甘くなった干し柿が届きました。




スーパーなどで市販されている干し柿には、酸化防止剤や防腐剤が入っている

ことも多く、風味がやっぱり違います。



無添加のやさしい味わいの干し柿を使ったマフィン、ぜひお試しくださいね!





追記 
1月8日、藤沢農園の藤沢公次くんが、東京の奥さまのご実家に寄る際に、

追加注文した干し柿を届けてくれました。記念にパチリ!

農園の果実は、長野の自然と、このやさしい笑顔に育まれています。










12月の季節のマフィン





12月の季節のマフィンは、ゆず、キャロブチップ、オートミールの3種です。


無農薬栽培のゆずと甜菜糖で手づくりしたマーマレード入りのゆずマフィンは、
ちょっぴり酸味がきいています。

キャロブチップのキャロブは、いなご豆のさやを粉末にしたもので、チョコ
チップのような味わい。

そしてオートミールは、レーズンを混ぜ込み、くるみ入りのサクサクした生地
をトッピングしています。



しっかりとした食感で、お食事がわりにもおすすめです。


ぜひお試しくださいね!



11月の季節のマフィン



明日から11月。
季節のマフィンは、さつまいも、そば粉とお豆、りんごのマフィンの
新しい3種に替わります。



さつまいもは、自然栽培または無農薬のさつもいもをごろっと入れます。
ぱらぱらっとふった有機栽培の黒ごまがアクセント。

そば粉とお豆は、100%信州産のそば粉を使用。国産のお豆も入ります。
今年は蕎麦が不作で、100%国産のそば粉を入手するのが難しいそう。
でも、長野県の須坂市でご家族とともに果実園を営む友人、藤沢公次くん
が地元で手配してくれました。

そしてりんごのマフィンは、藤沢公次くんの果実園「藤沢農園」さんから
直送された「シナノゴールド」を使っています。



このりんご、よく見ると、おしりに傷がついています。
そのため、一般には流通できないのだそうです。



でも、味にはまったく問題ありません。
そこで、マフィンにどうですか? と提案をいただきました。

通常よりも安価でゆずっていただいたりんごは、食べてみるとほんとうに
おいしい!
スイーツには紅玉がよく使われますが、このシナノゴールドもほどよい
酸味があって、マフィンにもぴったりでした。
店主姉、イチ押しのマフィンです。



余談ですが、公次くんはつい最近、パパになったばかり。
そんな幸せいっぱいの公次くんが丹誠込めてつくったりんご入りのマフィンを、
ぜひたくさんの方に召し上がっていただきたいと思いますが、りんごとそば粉は、
入手できたぶんがなくなり次第、終了となります。
あらかじめご了承いただけると幸いです。

10月の季節のマフィン





「七曜日」では、定番の黒ごま・紅茶・ココアナッツ・抹茶とお豆の4種のマフィンと、

その時期の素材でつくる季節のマフィン3種の、全7種類のマフィンをご用意しています。



季節のマフィンは月替わり。

今月10月のマフィンは、かぼちゃ・いちじく・栗とアーモンドになっています。






かぼちゃは、できるかぎり自然栽培のものを、皮ごと使っています。

いちじくは、オーガニックのドライいちじくを使用。

栗とアーモンドは、無添加のマロンピューレに、ローストしたアーモンドのつぶつぶ入り。








ただ今、11月のマフィンも考案中。

ときどき、期間限定マフィンも登場するかもしれません。

どうぞお楽しみに!






自己紹介

卵やバター、牛乳などの動物性食材、白砂糖を使わずに、できるかぎり国産またはオーガニックの食材でつくるヴィーガンマフィン屋「七曜日」のofficial note です。
「七曜日」は姉妹で運営しています。マフィンを焼いているのは妹・典子。姉・知子は「七曜日」とスペースを共有している「niwa no niwa」所属のエディターで、本業のかたわら情報発信などをサポートしています。

ブックマーク

niwa no niwa
「七曜日」とスペースを共有&店主姉が所属しているデザイン&編集事務所「niwa no niwa」のオフィシャルサイトです。

「七曜日」旧ブログ
ヴィーガンマフィン屋「七曜日」をオープンするまでの1年間に綴っていたブログです。

カレンダー
2018年4月
« 3月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30